仕事を、人生を変える!今こそ知って欲しい「質問」の力

環境が大きく変化する今、こんなモヤモヤを抱えることはありませんか?

・これから仕事がどう変わるのかという不安
・これから必要な商品・サービスはどんなものだろうという迷い
・自分はこのままでいいのだろうかという悩み

このような正解のない問いに答えを出したい時、ふとした質問が人生を変える突破口になることがあります。

どんな質問が迷いや悩みを解消し、生きる道を切り開くヒントとなるのか。

脳科学者である茂木健一郎さんによる著書「最高の結果を引き出す 質問力」では、いい質問を生み出す方法が3つのステップで紹介されています。

質問の力で人生を変える

これからの時代に質問の力が必要なワケ

人は毎日質問を繰り返して過ごしています。質問とは、わからないことや悩み・迷いを解消するために行う行為です。

近年、デジタル化によって、仕事や働き方を見直す時代になっています。

漠然とした不安を解消したいとき、正解のない問題と対峙するとき、誰もやったことのない新しい事柄にチャレンジするとき、どのように解決策を見つけるのか。そのヒントとなるのが、茂木さんの伝える「いい質問」です。

いい質問は、現状を大きく変え、「自分自身だけでなく周りの人をも変化させる力を持ち」、悪い質問は、「自分自身の現状維持をすることに尽きて、なんの変化ももたらさない」といいます

質問は、人生をポジティブにするものです。文句を言っているだけではものごとは動かないので、「これが今、わからない」「できない」と正直に認め、質問することによって前に進んでいきます。

引用:本書p4「はじめに」より

人生を変えるカギとなる質問とは

人生に変化をもたらすカギとなるのは、「モヤモヤとあいまいになった問題を、自分が実際にできる具体的な問題に書き換える質問」だといいます。

そして、たとえその答えがベストな解決法ではなかったとしても、やみくもに正解を探して動けなくなるのではなく、「今できる一歩を見つけて実際に行動すること」「ものごとを動かすこと」が、「カギとなる質問ができること」の意味だと述べています。

今目の前にあるこの一歩が、前より少しでもいい方向に近づくのであれば、それは十分にいい質問であり、いい答えである。これを「ベスト・エフォート形式(=やれる努力をしっかりやる)」と私は呼びます。

引用:本書p47「質問は人生を変える」より

人生を変える質問の3つのステップ

感情力

感情が、「質問のスターティング・ポイント」です。

質問をするためには、「なにか嫌だな」とモヤモヤや違和感を感じる力が必要です。

「こんなものか」と諦めたり、なんとなく現状に満足してしまわずに、自分の「嫌だ」という違和感をしっかりと感じることから、いい質問が生まれるということです。

メタ認知力

あいまいな違和感をいい質問に変えるには「感情と論理の橋渡し」が必要だといいます。そこで「メタ認知」がカギとなります。

「メタ認知」とは、自分の感情を冷静に観察し、「今、自分の状態はこうだ」「自分はこんな感情を持っている」と気づく力のことです。
引用:本書p53「質問力とはなにか」より

「こんなことが嫌だと感じている」とはっきりと言葉で認識することで、「変えよう」という具体的な行動にうつることができます。

論理力

論理力とは「具体的に解決につながるように提案する力」だと述べています。

モヤモヤとしたあいまいな感情をはっきりと言葉で認識したら、「どうしたら変えられるだろう」と自分で考え、実現できる具体的な一歩へと変えていく

この最後のひと手間で、現実が大きく動き出します。

人生を変える質問はこうして生み出されるのです。

人生を変える「いい質問」「悪い質問」とは?

「最高の結果を引き出す 質問力」では、いい質問と悪い質問のそれぞれ5つの具体例をあげています。

今回はその中のそれぞれ1例を紹介します。

何度も同じ壁にぶち当たる「悪い質問」

 ・正解を直接求める

正解は世の中のどこにもありません。」と著者ははっきり答えています。

ある条件の元では「こうするのがいい」といわれているデータがあるとしても、そのデータが必ずしも自分の問題に当てはまるとは限らないのです。

「理想的なこと」があったとしても、「理想的でない」からと諦めたりせずに、「今の自分にできることをやっていけばいい」と述べています。

結果が出せる「いい質問」

・本心に気づかせる

自分の感情を、ありのままに「こう感じている」とメタ認知するのには、長く時間がかかることもあるといいます。

ここ(これ)ではないのかな?

と問うことは、「実はとてもいい質問」だと著者は述べています。


何度も自分に質問し、ピッタリくるものに出会うまで問い続けることは、
自分の本心をつかむことになる「いい質問」ということです。

他にも、「質問力をさらに高める8つのアクション」や、「日常生活で活かす質問術」など、具体的な行動が起こせるヒントが多く解説されています。

巻末には「現状を変えるための質問」も紹介されていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

「質問」とは、感情を見つめることで自分を知り、人生を充実したものへ切り開く力となります。

人生を変えるために、あなたは、自分に何を質問しますか?

created by Rinker
¥1,144(2020/09/28 17:26:31時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました