ライフハック

脳のパフォーマンスを最大限まで引き出す精神科医の時間術

2018年8月8日

「もっと時間を有効に活用して、仕事で結果を出したい。」

「自分のための勉強をしたいけど、毎日が忙しすぎる。」

「もっと家族とすごく時間がほしい。」

「たまにゆっくりのんびりする時間を持ちたい。」

という方も多いのではないでしょうか?

1日24時間は、すべての人に平等に与えられているのに、実際には能力の差や収入の差、仕事の結果などで大きな差が生まれています。

その理由として、『神・時間術』(著 樺沢紫苑,大和書房)では「時間の使い方」であると述べています。

今回は、精神科医の樺沢紫苑さんの著書『神・時間術』のテーマである「効率的に集中力を発揮する時間術」についてご紹介します。

最高の人生を手に入れる「神・時間術」4つの原則

・毎日、午前中は執筆時間で年3冊の本を出版
・メルマガ、You Tube、Facebook、ブログを毎日更新
・月6回の病院診療
・月20冊以上の読書と書評を公開
・月2,3回のセミナー、講演活動(いずれもオリジナルで新規の内容)

(「はじめに」より)

このスケジュールを約7年間継続しつつも、毎日しっかり7時間以上必ず寝ている著者。

しかも、それでていてプライベートな時間までもしっかり取っているとのこと。

そんな神がかった時間術を使っている著者ですが、以前は仕事中の生活によって多忙を極め、皮肉なことに精神科医がストレスで病気になってしまったと語っています。

そんな医師であった著者が、最新の脳科学、心理学研究も取り入れて科学的に体系化した時間術の秘密は、効率的に集中力を使うことにありました。

集中力を高め、仕事効率をアップし、自分の自由時間を創り出す。そして、その時間を自己投資のために使い、自己成長しながら、さらに時間を生み出していくいうわけす。

「集中力」を中心に時間を考える

人間の脳は、起きてから2〜3時間は疲れておらず、脳内が非常に整理された状態であるため、脳のパフォーマンスが1日で最も高い。「脳のゴールデンタイム」と呼ばれるその時間帯は、論理的な作業、文章執筆、語学の学習など、高い集中力を要する仕事に向いているということです。

脳科学的に最高のパフォーマンスを発揮できる時間帯に、それに合った仕事をすることで、仕事の効率を2倍以上に高めることが可能だといいます。

つまり、「集中力の高い時間帯には、集中力を必要とする仕事をする」ということです。

「集中力の高い時間」は、「起床後の2〜3時間」「休憩した直後」「終業間際の時間帯」「締切の前日」などになります。

集中仕事非集中仕事
  • 文章を書く
  • プレゼンテーションの資料を作る
  • 英語の資料を読む
  • 英文を書く
  • 失敗の許されない重要な書類作成
  • メール・チャットのチェック
  • 電話
  • コピーをとる
  • 資料や本に目を通す
  • 会議・打ち合わせ

集中時間を最大化する方法は、第1章「脳の機能を最大限に生かす集中力の高め方」と第2章「朝の時間を最大に生かす脳のゴールデンタイム術」にて詳しく説明されています。

集中力を「リセット」して、1日の集中時間の全体数を増やす

「集中力(仕事効率)」×「時間」=「仕事量」と表すと、1日に集中している時間の全体数を増やすことで、1日に本来の仕事の数倍の仕事量をこなしているということになります。

その方法が、疲れる前に休むということです。

それによって、集中力が回復すると集中している時間が増えることで、仕事量が増えるということになります。

アメリカ式の仕事効率を手に入れる

集中力をアップさせることに加え、「仕事術的な創意工夫」や「仕事の無駄の排除」なども同時に行うことで、仕事の効率が更に上るということ。

2016年のOECD加盟34カ国の統計によると、日本は42.1(先進国でダントツの最下位)に対してアメリカは68.3(約1.6倍)

アメリカ人の生産性の高い働き方をすることで、1.6倍の仕事効率を手にします。

※具体的な効率化仕事術については、本書の第5章「仕事の時間を最大限に生かす時間創出仕事術」にて詳しく説明されています。

「自己投資」のために時間を使う

時間術によって生まれた「自由時間」を、「仕事」のために使うのは良い時間術とは言えない

著者いわく、時間術によって生まれた「自由時間」は、「自己投資」「能動的娯楽」「楽しむ」ために使うということです。

「自己投資」によりスキルアップすることで、今までの同じ仕事をより短時間で片付けられるため、そうすることでさらに時間が生まれるといいます。そして、得た時間をさらに「自己投資」に使うことで、「自己投資」と「自己成長」、「時間創出」の良いサイクルが始まるということです。

自己投資についての考え方は、第6章「自由時間を最大限に生かす自己投資&リフレッシュ術」にて詳しく説明されています。

以降の章について

以降の章では、「脳の機能を最大に生かす集中力の高め方」「朝の時間を最大限に生かす脳のゴールデンタイム術」「昼に時間を最大に生かす午後のリセット術」「夜の時間を最大に生かす運動&睡眠リセット術」「仕事の時間を最大に生かす時間創出仕事術」「自由時間を最大に生かす自己投資&リフレッシュ術」について詳しく説明されており、巻末には参考図書の一覧も載っています。

自分自身を大切にし、家族を大切にし、その上で全力で仕事にのぞみ、圧倒的に仕事で結果を出す。

自己成長しながら、仕事で結果を出し、さらに個人的な趣味や娯楽を楽しむ。家族や恋人・友人と貴重な時間を楽しむ。

人生を変えるには「住む場所を変える。付き合う人を変える。時間を変える」と言われています。労働時間が問題視される現代ですが、日々の生活を変えたいと思っている方は時間術から始めてみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ビジネス書ランキング

よく読まれている記事

1

Amazonにて、お好きな「書籍」を3冊以上まとめて購入する際にクーポンコードを入力することで、最大8%のポイントが還元されるキャンペーンが行われています。 「欲しいものリストに入れたままの書籍がある ...

2

今月2019年12月中のAmazonのKindleストアにてセールを行っているビジネス書の紹介です。 Kindleビジネス書の月間セール対象本 電子媒体での書籍の読書は、以前ご紹介した『最強の読み方』 ...

3

Amazonオーディブルは、本の「朗読(オーディオブック)」を提供する月額制のサービスです。 Amazonオーディブルの朗読は、「プロの声優/ナレーター」をはじめ 芸人 大久保佳代子が読む『コンビニ人 ...

4

毎日が忙しくビジネス書を読むにも時間がない 隅々まで読むよりも必要なところだけを知りたい。 と思う方も多いです。 ビジネス書の要約サービスである「flier(フライヤー)」は、ビジネス書の要点がまとら ...

-ライフハック
-, ,

Copyright© WorkOuter , 2019 All Rights Reserved.